協会の概要

●協会の目的

本会は、配置薬制度を通じて県民の保健衛生に寄与し、会員の職能的水準を高め、もって地域社会に貢献することを目的とする

●協会の事業(令和3年度)事業計画

鹿児島県医薬品配置協会 

 令和3年度事業計画

自 令和3年 1月 1日 至 令和3年12月31日

  1. 消費者に対しての保健衛生の普及啓蒙に関する事業
    (1)「配置薬の日」の啓蒙
    イ 地域見守りサポーターの参画

    • 地域見守りサポーターとして、支援が必要と思われるひとり暮らしの高齢者、障害者や子ども(以下「要援護者」という。)の安全等の見守り活動を適切かつ円滑に実施する。
    • 災害時における配置薬の活用。

    ロ 薬と健康の情報提供

    • ホームページを運営し、インターネットにより消費者への情報提供及び普及啓蒙に努める。

    ハ 消費者相談窓口の設置

    • 配置薬に関する相談や苦情等、また消費者センターからの照会に対応するため、事務局に「相談窓口」を設置して、消費者との信頼関係を深める。

    ニ 消費者に対する啓蒙

  2. 鹿児島の行う薬事行政に対する協力
    (1)献血の実施及び推進
    (2)「薬と健康の週間」行事への参加
    (3) 薬物乱用防止運動への積極的な参加協力
    イ 指導委員を選出し、県の運動に参加協力
    ロ 関係機関、団体の行う薬物乱用防止活動への協力
    (4) 配置販売業及び身分証明書の許可申請に関する業務
  3. 会員の指導教育に関する事業
    (1) 資質向上薬事研修会の開催
    薬機法の趣旨を踏まえ、県民の期待に応える為、又、配置員の一層の資質の向上に努める為に開催する。
    (・鹿児島会場 ・大島会場 ・種子島会場 (年2回))
    (2) 登録販売者の資質向上研修会の開催 ガイドラインに基づく外部研修の実施(年12時間以上)
    (3) 配置販売業に関する自己点検表の実施
    (4) モラルの徹底指導
    (5) 放置得意の解消徹底と指導
    放置得意のないように定期的に訪問し、消費者との信頼関係に努めるとともに、5年以上の放置箱について相談があった場合は、協会発行の書類を取り交わし、処理を行う。
    (6) 優良従事者表彰
  4. 社会福祉事業としての寄付
  5. その他、協会の目的を達成するために必要な事業関係団体への参加
    (1) 一般社団法人全国配置薬協会
    (2) 配置販売新戦略会議
    (3) 九州ブロック会
    (4) 鹿児島県薬業団体連絡協議会
    (5) その他の行事並びに事業活動

●役員名簿

鹿児島県医薬品配置協会 役員名簿
(令和3年度)
役職 氏  名
理事 会 長(執行部) 弓場 恭啓
理事 副会長(執行部) 中山 昌人
理事 副会長(執行部) 松原 孝幸
理事 鹿児島支部長 前花 利紀
理事 大隅支部長 新福 一夫
理事 姶良支部長 佐野 哲朗
理事 北薩支部長 末松修一郎
理事
理事 石倉 雅俊
理事 井手 茂文
理事 押田  正一
理事 伊藤  稔
理事 古川 則行
 監事 岩下 弘明
大島支部長 荒垣 和人